沿革

昭和60年2月株式会社ロイヤルソフトサービス 設立
 大阪市西区北堀江にてソフトウェア開発業務を開始
 代表取締役 松井重男
 資本金300万円
平成4年4月資本金1,000万円に増額
平成21年7月松井重男 取締役会長に就任
古池明  代表取締役に就任

創設以来、住商コンピュータサービス(現SCSK)、日本総合研究所、 インテック、東洋情報システム(現TIS)等より受注。
銀行業務、生保業務、電機業、電力業等について、ソフトウェア開発協力を行う。
その他各業種、一般企業の業務開発をサポート。現在に到る。

このページのトップへ